HPC logo

国際開発ジャーナル11月号に掲載されました

国際開発ジャーナル11月号に、平和構築・開発におけるグローバル人材育成事業の特集記事が掲載されました。

記事では、旧「平和構築人材育成事業」の多くの修了生の実務研修先でもある国連開発計画(UNDP)の近藤哲生駐日代表、国連大学客員教授・広島平和構築人材育成センター(HPC)評議委員会の長谷川祐弘委員長、旧「平和構築人材育成事業」修了生であり、現在国連大学サステイナビリティ高等研究所プログラムアソシエイトの今井夏子氏、HPCの篠田英朗代表理事の4名が座談会を行いました。

平和構築・開発におけるグローバル人材育成事業の特徴と、平和構築・開発を取り巻く国際的な状況、また同分野で働く人材に求められる能力や、事業で得られる強みなどについて語られた、座談会の様子をご参照ください。

1)アトゥール・カレ(国連フィールド支援局[DFS]フィールド支援担当 事務次長)
2)ウィリアム・バリガ(国際移住機関[IOM]駐日代表)
3)河原直美(国連難民高等弁務官事務所[UNHCR]駐日事務所副代表)
4)中井恒二郎(国連世界食糧計画[WFP]日本事務所政府連携担当官)
5)平林国彦(国連児童基金[UNICEF]東京事務所代表)
6)吉波佐希子(独立行政法人国際協力機構[JICA]社会基盤・平和構築部 平和構築・復興支援室調査役)

プレゼン資料

平成27年度事業活動報告パンフレット(PDF)

Top