HPC logo

平成30年度グローバルキャリア・コース

国際機関でのキャリア構築のための知識とフィールドでの体感

研修概要

*募集は締め切りました

国内研修(フィールドトリップ前):平成30年(2018年)10月上旬開始予定
1回2時間を計9回(平日の夜)、1回6時間を10月と11月に2回(土曜日)計30時間(具体的な日程は講師の都合等により調整が入ります)
海外フィールドトリップ(オプション):平成30年(2018年)11月下旬
国内研修(フィールドトリップ後):平成30年(2018年)12月の土曜日に2回計10時間
研修場所(国内):東京
フィールドトリップ(国外):シエラレオネまたはキプロス
参加費:国内研修は無料、海外フィールドトリップに参加する場合は20~30万円程度
応募締切:平成30年(2018年)9月19日(水) 日本時間午前9時必着
*募集要項はこちらからダウンロードできます。

「グローバルキャリア・コース」は、10年程度の専門的な職歴を持ちながら、国連等の国際機関での勤務経験がない方々を対象に、国連の諸活動について知識を深め、これまで自身が積み上げてきた技能を再認識した上で、今後の国際機関におけるキャリア構築の可能性を探り具体化させていくことを目的とします。本コースでは,国内研修(必須)と海外フィールドトリップ(オプション)を提供します。

まず国内研修では、主要な国際機関の方々にお越しいただき、活動内容の紹介と国際機関で求められる技能についてご説明をいただくセッションを、平日夜に各回2時間週2回程度の頻度で、10月上旬から実施します。各セッションでは、理解を深めるための質疑応答や討議のみならず、国際機関の活動に応じた具体的な技能を想定したエクササイズを実施します。これらを通じて、将来、国際機関で勤務する場合の具体的なイメージを培っていただきます。

フィールドトリップでは、HPCの専門家と共に,実際の国際機関の活動現場の視察を通じて、国際機関に勤務するイメージをいっそう具体的にしていただきます。国連等の国際機関が活発に活動しており、アフリカにおいて比較的治安が安定している紛争経験国のシエラレオネや、現在も国連PKOが展開されており比較的安全なキプロスにおいて、国際機関の活動及びPKO活動の現場を体感していただきます。

フィールドトリップ参加後は、現場での経験を共有しつつ、さらに具体的に個々人のキャリア構築に結び付けていくための研修を行います。

フィールドトリップの推薦(HPC仮訳)

 シエラレオネは、平和構築プロセスの様々な形を学び、体験できる非常にユニークな事例です。シエラレオネは、十五年以上に渡り平和を享受してきました。安定した民主主義体制への移行、成長経済の発展、そしてさまざまなレベルでの社会的な団結を可能にした、平和構築から紛争後の復興に至る包括的なプロセスを経験しました。そこには、政府、国連、援助機関、市民社会などの組織にまたがって、学び、経験できることが、たくさんあります。
広島平和構築人材育成センター(HPC)が、外務省から委託を受けて実施する「平和構築・開発におけるグローバル人材育成事業」における研修事業の一つである、将来国連や平和構築に向けた国際協力の分野でのキャリア形成に関心を持つ方々のためのグローバルキャリア・コースにおいて、フィールドトリップの目的地としてシエラレオネを選んだことを、嬉しく思っています。
シエラレオネ政府を代表し、シエラレオネ共和国観光文化大臣として、経験を共有し,安心・安全にフィールドトリップを行うための環境づくりができるよう、皆様に協力いたします。皆様がこの美しい国のホスピタリティー、気候、食べ物、景色、そして人の暖かさをお楽しみいただけるよう、お迎えすることを心から楽しみにしています。

メムナツ・プラット
シエラレオネ共和国観光文化大臣
(前シエラレオネ大学ファラベイ・カレッジ平和紛争学部長)

Top